読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なくて七転び

精神病こじらせたゲーマーが私の見える景色を残しています

ポケモンGO規制がいやな訳

理解してくれ、見逃してくれとはいわないけれど。

30代ゲーマーは幼少期に「世間からのゲームに対する無理解」を浴びながら育った面がある。


子供の頃、親から「ファミコンは頭悪くなる!」といわれ*1
テレビからはゲームで遊ぶキレる子供といわれ*2
人生リセットできると思っているといわれ*3
目が悪くなるといわれ*4
犯罪が起こるたびにゲームに影響されたといわれ*5……

どれだけ叩かれ続けたらいいんだよ!?!?
叩きやすいところ叩いてるだけだろ!?

とブチ切れスイッチが入っております。
ゲームをバカにされるのは、もう腹に据えかねる。


人から「ゲームやる奴はバカ」などいわれようものなら、「お前、映画好きにむかって、映画見る奴はバカっていったら相手にされないのはわかるだろ。ゲーム好きにそれいうと、どうなるか想像できないの? まだゲーム好きは子供だから反撃しないと思ってるの? バカなの?」くらいのことは思う。


ポケモンGOを規制といわれると、おなじように、またバカにされたかと反応してしまうのよ。もうアレルギーになってるの。


ポケGO規制反対派にはそういうのもいるんじゃないかな、と思った次第。


車でゲームしてもいいとか脅迫メールしていいとかはいいませんが。
そんな時代の空気を思い出しました。


以降の世代にアレルギー反応が見られないなら、ゲームが一定の市民権を得たよいしるしなのではないでしょうか。


ポケモンGOの移動中ロックもきましたね。
病院行くまでのバス移動で、ボール100個溶かすのが楽しかったんだけどな。

*1:スタディボックスもやってたのに。

*2:ゲーム脳は強力でしたね……。

*3:やり直したくないよ!

*4:家系全部メガネじゃないか、遺伝でしょ。

*5:2時間サスペンスはいいのか。